津生協病院

〒514-0801
津市船頭町1721
TEL 059-225-2848
FAX 059-225-2922


看護学生「奨学金制度」のご案内

理念と方針 教育/研修 看護師募集 看護学生 奨学生について 高校生の方へ


津生協病院では、看護師を目指す方々に奨学金制度の援助を行なっています。


 奨学金制度とは 
 目的(奨学金規則より抜粋)
「民医連綱領」の発展を保障するため、医療活動にたずさわる職員を育成する目的でこの規定を定め、この綱領の実践を生涯の事業と確信した医系学生生徒に一定の経済援助を行う。
 民医連(みんいれん)とは、民主医療機関連合会の略で、全国の様々な医療関係機関(病院、診療所、薬局、訪問看護ステーション、看護学校など)が集まる連合体です。それぞれの医療関係機関そのものは小さくても、連合体という形で集まれば、その力は大きくなります。これにより、民医連は、病院数、診療所数、ベッド数、職員数、1日平均外来患者数、1日平均入院患者数において、全国規模の医療機関である日赤、厚生連、済生会よりも大きく上回っているのです。その大規模な連合体の中で、全国やブロックなどに分類され、レベルアップのための研修、学術交流などがさかんに行われ、私たちの日常の医療を支えています。それらの集まりが民主医療機関連合会です。  
  民主医療機関連合会には、綱領があります。綱領は団体が持つ決まりのようなもので、民医連の連合体に加盟するところは、みんなこの綱領をもとに運営されています。この綱領を読んで、「こんな医療をしたい」と思われた方たち「これが将来わたしのしたい看護だ」という確信を持たれた方に、経済援助を行うのが私たちの奨学金制度です。とはいうものの、最初からそういう確信が持てるのは難しいことかもしれません。そういう場合は、担当者が理解しやすく説明しますので、それを判断材料にしてください。 
 ▲ページトップへ
 月額いくらなの?
 月5万円となっています。支給方法は、原則として手渡しになっています。
三重看護専門学校に通われる場合は、別基準となりますのでおたずねください。

  
 返済はどうするの? 
 支給年限、当医療福祉生協に勤務されると返済が免除になります。3年間支給された場合、3年間努めれば支給した奨学金の返済は必要ありません。当然、その分、勤務後に、給与が減るということもありません。また、支給年限を満たさず退職される場合などは、残りの月数に案分して支払っていただくことになります。

 奨学生になったら?   
 まず、奨学生の前に、看護学生であり、将来は看護業務に従事することを基本において、学業優先にがんばってください。しかし、学生時代に視野を広げるのは大事なことです。病院や診療所は患者さんと接する仕事です。患者さんにはいろんな方が見えます。患者さんがどんな病気なのか、どんな治療をすればいつぐらいで完治するのかを把握しておくことも大切ですが、その患者さんに関わる生活環境や社会的背景をつかんでおくことも大切です。学校を卒業したてでは、なかなか見えない部分だと思います。しかし、少しでも視野を広げていれば、それだけ対応能力もついてくると思います。みえ医療福祉生協では、その視野を広げるための様々なチャンスを用意しています。ぜひ、ご利用ください。
 ▲ページトップへ

看護学生研修(一般の看護学生にも案内しています)
 看護学校でも実習を行いますが、病院によって医療や看護のスタイルは違います。当医療福祉生協の医療・看護を知っていただくために、わたしたちはたくさんのコースを用意して、学生のニーズにあった研修を用意しています。奨学生の方は、ぜひ参加してください。どのように参加していいかわからない場合は、担当者にご相談ください。

アルバイト(一般の看護学生にも案内しています)
 アルバイトも可能です。ただし、時期や定員のこともあり、常時同じような条件で募集できると限りませんが、他のところでバイトするより、医療機関でバイトがしたい。と思われる方はぜひ、ご相談ください。なお、学校によっては禁止されているところもありますので、ご確認ください。

奨学生のつどい、DANS(民医連東海北陸看護学生ゼミナール)
 みえ医療福祉生協の奨学生の仲間が集まって交流や学習を行い、視野を広げる活動を深めていく企画があります。時には医学生の奨学生との合同の学習会もあります。また東海北陸地方の看護学生との交流集会(DANS)など盛りだくさんで、他にはない特徴といえます。先輩などからの試験情報や学校の情報もゲットできます。たくさんの仲間で、看護師へ道をサポートします。

雑誌『いつでも元気民医連』の無料購読
 民医連は雑誌の発行もしています。奨学生になると、この雑誌を毎月お届けします。全国の民医連の取り組みなどがわかり、読んで視野を広げていただけると思います。
 
 ▲ページトップへ

 お申し込み方法 
奨学金を受けていただくにあたって
 まず、奨学金制度の概要とみえ医療福祉生協の説明について、担当者がお話させていただきます。それまでは、資料等をご覧いただき、参考にしていただければと思います。

提出書類について
 奨学金を受ける場合、面接を行いますが、その前に奨学金申請書、履歴書、決意書の3つをご用意ください。決意書は、「奨学金を受けるにあたっての動機とみえ医療福祉生協奨学生になるにあたっての決意」を原稿用紙1枚程度にお書きいただくものです。原稿用紙の指定はありませんので、ご自身でご用意ください。
 面接終了後奨学生の承認がされましたら、奨学金契約書・奨学金受給届出書をお渡しいたしますので、7日以内に記入していただき、担当者までお渡しいただきます。郵送でもかまいません。

面接について
 面接はすべての書類が揃った時点で、こちらの面接官とスケジュールを調整します。通常9時〜12時ごろの間で行われます。採用試験と同等の基準で行いますので、こちらから試験日をご連絡いたします。または、双方の都合の良い日を調整する場合もございます。遠方の方は限られた日程で起こしいただくことになると思いますので、春休みや夏休みなどをご利用いただけるといいかと思います。なお、日曜日・祝日の面接は行っておりません。内容は、適性検査、一般的な簡単な試験、面接です。

※これらはあくまで基本的な手順です。 ご不明な点などございましたら、お気軽にご相談ください。
 ▲ページトップへ
 その他

ご注意
 三重県の奨学金制度との併用は可能です。ただし、看護学校や他の病院の奨学金制度を受けている方はご利用できません。
 
ご連絡先
 奨学金についてのお申し込み、お問い合わせはこちらまで。
 まずは、お気軽にお問い合わせください。
 津生協病院 担当者:平尾、渡辺  電話059−225−2896(総務課直通)  
 ホームページ http://www.tsucoop.jp
 メールでのお問い合わせはメールフォームをご利用ください。