津生協病院

〒514-0801
津市船頭町1721
TEL 059-225-2848
FAX 059-225-2922


津生協病院看護部 
理念と方針 教育/研修 看護師募集 看護学生 奨学生について 高校生の方へ

【理念と方針】
津生協病院医療福祉宣言

 <基本理念>
  私たちは、患者さまの権利を尊重し、地域から信頼される医療機関をめざします。
 <基本方針>
  ・安全・安心の医療。技術の向上と環境の整備。
  ・差別のない医療・福祉の実現をめざす。
  ・命が大切にされる平和な社会の実現めざす。
  ・安心して住み続けられる街づくりをすすめる。 

 看護理念
  患者の立場に立ち、心かよいあう看護をめざします。

 看護部基本方針
  ・安全・安心で質の高い看護をめざします。
  ・患者を中心にチーム医療をすすめます。
  ・自らの専門性を発揮して、地域の健康づくりをすすめます。
  ・看護を通じて、人としての学びを深めます。
  ▲ページトップへ
 安全・安心で質の高い看護を提供
  ・患者さま自身が病気を知り、医師の説明のもと、治療法を選ぶことができるように援助しています。
  ・自ら権利を主張できない患者さまの権利を守って、看護をしています。
  ・患者さまが医療の主体者となれるよう援助しています。

 医療の安全を守る考え方
  ・医療整備報告は、始末書ではない、医療事故は、個人の問題ではないと考えています。
  ・指示出し・指示受けシステムを医師・薬剤師と共同して作り、ルールを共有しています。
  ・改善のため、予防処置・是正処置報告書を作成し、その有効性について評価する仕組みを持っています。
  ・安全文化を構築しようと考えています。

 命の平等が、医療の原点
  ・お金がないと、医療を受ける事ができないという事のないよう援助しています。
  ・医療費の相談:高額療養費・生活保護
  ・差額ベット料をいただいていません。
  ・患者さまの状況に合わせて、個室を使っていただいています。
  ▲ページトップへ
 医師・コメディカルと協同して委員会活動
  ICTラウンド
   医師・薬剤師と患者のカルテを中心にディスカッション
  転倒・転落防止委員会
   医師・看護師・PT・薬剤師で、多角的に転倒リスクを検討。
   現場で起こった転倒・転落は、カンファレンスで対策を立て、対策の有効性を評価する仕組みを持っています。
  NSTラウンド
   リンクナースによる環境ラウンド
  緩和ケアグループ
  ICTラウンド
  転倒・転落防止委員会
   
 ICTラウンド 転倒・転落防止委員会 

 病棟看護
  ・固定チーム+受け持ち看護師制を導入。
  ・地域の一般病院でのターミナルケアを実践。
  ・患者さまの意志を尊重するため、患者さまや家族を含めたカンファレンス。
  ・薬剤師・理学療法士・検査技師・介護福祉士やヘルパー・との協力・協働。
  ・生きる意欲を引き出すために、PT・OT・STとの連携。
 ▲ページトップへ
 地域の一般病院でのターミナルケア
  ・患者さまが、どう生きたいかを表出できるよう支援し、患者さまの希望に向けて援助。
  ・「家に帰りたい」をチームで実現していく。

 私たちが大切にしていること
  ・患者さまは、私たちの先生。
  ・常に、患者さまから、学ぶ姿勢を持ち続ける。
  ・看護に完成品はない。
  ・悩みながら、患者・家族・チームの仲間と話し合いながら、看護実践を積み重ねていく。
  ・困難があっても、患者さまを切り捨てない。
  ・カンファレンスで、意見交換。
  ・困った事から、学ぶ姿勢。

 安心して地域で暮らすために
  ・看護師は、患者さまが入院した日から、様々な情報をもとに、患者さま・ご家退院と退院後の療養生活
  について相談を開始。
  ・地域のケアマネージャーやヘルパーさんとの退院調整会議。
  ・患者さまのQOLを高めるため、理学療法士とともに家屋調査をし、住宅改修を依頼。
  ・患者・家族の思いから始まる退院後の療養生活の相談活動
  ・地域医療をすすめる訪問看護ステーション
  ・柳山ケアプランセンター・在宅介護支援センターとの連携
  ・医療依存度の高い患者さまの管理
  ・住み慣れた家でのターミナルケア
  ・在宅での看取り
  ・家族の相談・指導
 ▲ページトップへ
 慢性疾患外来での療養指導
  ・糖尿病外来(外来でのインシュリン導入)
  ・肝臓外来(インターフェロンの導入)
  ・塵肺外来(塵肺専門外来は少ないので、患者は尾鷲・熊野・上野から通院)
  ・禁煙外来(最近、学校の先生が喫煙場所が なくなり、受診にみえる)
  ・喘息外来(働き生活しながら、コントロール)
  ・HOT外来(在宅酸素導入)

 地域で保健予防活動をすすめる
  ・予防接種
  ・健康診断
  ・専門家として、地域の班会で講師
  ・青空健康チェックで、専門職として健康相談  
 ▲ページトップへ