津生協病院

〒514-0801
津市船頭町1721
TEL 059-225-2848
FAX 059-225-2922


 放射線科     


  放射線科では高度な医療機器を用いて検査・治療を行っております。そして、的確な診断・治療と安心・安全な医療を
 提供するため、医療技術の向上や 安全対策に努めています。

 病院業務内容
  一般撮影室  CT室  X線TV室  

 附属診療所業務内容
  一般撮影室  MRI室  乳房撮影(マンモグラフィ)  骨密度測定装置
 
 一般撮影室  
  一般撮影は胸部レントゲンなどのレントゲン写真の撮影を行います。その他、腹部や全身の骨の撮影も行います。  
 ▲ページトップへ
 CT室
  CT装置ではX線を用い、体の輪切りの撮影を行う検査です。また、画像処理によりあらゆる方向からの断層画像も得ることができます。当院ではマルチスライスCTを導入しており、短時間で広範囲の撮影が可能です。  
 ▲ページトップへ
 X線TV室 
 X線を使用して体を透視し、モニターで体内をリアルタイムに観察しながら検査・治療を行います。バリウムを使用した胃・大腸などの検査、内視鏡と併用して総胆管結石を取り除く治療など、様々な検査・治療に使用されています。  
▲ページトップへ
 MRI室
 磁気と電磁波を利用して体の任意の断面を撮像する検査です。CTと違いX線被曝がなく、造影剤を使用せず血管を描出することができます。ただし、磁気を使用するため心臓ペースメーカーを装着されている患者様は検査できないなどの禁忌事項があります。  
▲ページトップへ
 乳房撮影(マンモグラフィ)
 マンモグラフィは乳房X線検査のことで、乳がん検診にも使用されます。日本人の乳がん罹患率は年々増加しており、女性のがん死亡のトップが乳がんとなった現在、重要な検査となっています。  
▲ページトップへ
 骨密度測定
 腰椎や大腿骨を測定し骨粗鬆症や加齢による骨の変化の診断に使用されます。骨粗鬆症の予防や早期発見に役立たせることができます。   
▲ページトップへ