奨学金制度とは

目的(奨学金規則より抜粋)
「民医連綱領」の発展を保障するため、医療活動にたずさわる職員を育成する目的でこの規定を定め、この綱領の実践を生涯の事業と確信した医系学生生徒に一定の経済援助を行う。

月額いくらなの?

一般貸与:月額50,000円
特別貸与:月額70,000円
入学手続き時:200,000円
支給方法は、原則として手渡しになっています。
三重看護専門学校の方には、別制度がありますのでおたずねください。

返済はどうするの?

規程の年限、当医療福祉生協に勤務されると返済が免除になります。
3年間支給を受けた場合、一般貸与では3年間、特別貸与では6年間の勤務で免除となります。

奨学生になったら?

まず、学業優先にがんばってください。学生時代に視野を広げるのは大事なことです。患者さんがどんな病気なのか、どんな治療をすればいつぐらいで完治するのかを把握しておくことも大切ですが、その患者さんに関わる生活環境や社会的背景をつかんでおくことも大切です。少しでも視野を広げていれば、それだけ対応能力もついてくると思います。みえ医療福祉生協では、その視野を広げるための様々なチャンスを用意しています。

看護学生研修(一般の看護学生にも案内しています)
当医療福祉生協の医療・看護を知っていただくために、わたしたちはたくさんのコースを用意して、みなさんのニーズにあった研修を用意しています。奨学生の方は、ぜひ参加してください。どのように参加していいかわからない場合は、担当者にご相談ください。
アルバイト(一般の看護学生にも案内しています)
アルバイトも可能です。医療機関でバイトがしたい。と思われる方はぜひ、ご相談ください。なお、学校によっては禁止されているところもありますので、ご確認ください。
学生のつどい、DANS(民医連東海北陸看護学生ゼミナール)
みえ医療福祉生協の奨学生の仲間が集まって交流や学習を行い、視野を広げる活動を深めていく企画があります。時には医学生の奨学生との合同の学習会もあります。また東海北陸地方の看護学生との交流集会(DANS)など盛りだくさんで、他にはない特徴といえます。先輩などからの試験情報や学校の情報もゲットできます。たくさんの仲間と交流することができます。
月刊誌『いつでも元気』の無料購読
民医連は雑誌の発行もしています。奨学生になると、この雑誌を毎月お届けします。全国の民医連の取り組みなどがわかり、読んで視野を広げていただけると思います。

お問い合わせ・お申込み

津生協病院 担当:平尾
電話番号: 059-225-2896

メールフォームからでもお待ちしております。

CONTACT

お問い合わせ

お問い合わせフォーム